アデコの転職エージェント山口さんと対談

転職エージェント山口さん

転職エージェント山口さんのプロフィール

勤務先はどこ? Adecco転職エージェント
担当してる業種は? ITエンジニア部門
転職エージェント歴 10年(2012年時点)
今までの担当総数 約3,000人以上
内定率 約1割

アデコの現役転職エージェント(キャリアアドバイザー)でIT・エンジニアの方をサポートされている山口さんにインタビューしてきました!

IT・インターネット業界を専門に転職サポート暦10年のベテランキャリアアドバイザーで本質をつくお話を伺うことができました。

Adecco転職エージェントに登録してから転職するまでの流れや、転職を成功さた方の傾向、「この転職で何を実現したいのか?」というテーマを決めについてなどを伺いました。

→ 詳細ページ・公式サイトへ

仕事以外の所で何をやっているかがキーワード。新しい技術に触れているか?

Adecco転職エージェント山口さん

‐ 登録後の流れを教えてください。面談前に電話で連絡をとることはありますか? ‐

Adecco転職エージェントでIT・インターネット業界を担当する部署では、転職エージェント(キャリアアドバイザー)がほぼ専任担当制でまずは面談をするケースが多いですね。

個々のキャリアアドバイザーは自分のルールを持っていますのでそれぞれやり方が違いますが、私の場合は現職中の方にはメールでご連絡する事が多いです。離職中の方にはすぐに電話します。その後で面談をします。

‐ 面談の流れや面談時に聞いている所を教えてください ‐

登録者の方に進め方をえらんでもらっています。最初に求人情報か転職相談かどちらを先にしましょうか?というお話をしています

転職相談では、キャリアを聞いて、転職理由、希望を聞いて...と細かくお聞きする事になるので時間がかかりますが面談をされる方の中には、他社のサービスを利用経験者もいるのでそういう方は求人紹介を先に希望されることが多いです。

‐ 面接時に聞くこと、ポイントを教えてください ‐

私の場合は転職理由「テーマ決め」をしてもらっています。面談が終了するまでには必ず決めてもらっています。

私は転職理由を伺うのには比較的多くの時間をかけるのですがそれは、フワッとしたイメージで転職を考えている方は、受け答えが右に寄ったり左に寄ったりしますので、最初に「この転職で何を実現したいのか?」というテーマを決めないと、結果的に転職がうまくいかないことが多いためです。

実現したいことにしっかりと優先順位を付けてもらって、テーマを決めて面接に望んでいただきます。ただ、『(企業との)面接ではネガティブなことを言わない』という鉄則があるためか、面談に来られた方は、最初は転職を考えた本当の理由をなかなか語りたがりません。

転職で実現したいことを伺うときは、何でそう思うのか2回、3回と繰り返して聞いて、初めて求職者の本当の転職理由が見えてきますのでテーマを決めやすくなります。

『転職理由はキャリアアップのため』と言う人がいますが、これはテーマにはなりません。ITやSI系は、比較的同系の業務をしている会社が多いので、テーマが決まれば、テーマに合った会社を選べます。

‐ 登録された方の特徴と転職理由はどういうものがありますか? ‐

2011年は登録された方は現職の方が多くなり離職中の方が少なくなりました。8割以上が現職ですね。今はいろいろなご注文を伺うことがあるので、面談が昔よりは長くなりました。現職中の方の面談は夜遅い時間帯で、テーマ決めに時間をかける面談が多くなっています。

具体的な例では、情報技術(IT)産業の場合は自分の会社ではなく、お客様の会社で働くケースが多いので、自社で働きたいという方が多いですね。

昔はコンピューターを売ってから運用するためにお客様先にシステムエンジニア(SE)が張り付く、といった情報処理産業でしたが自社で働く機会が多くなってきています。

合格率は書類選考が約30%、面接が約50% | 転職成功者は悩むべきところで悩んでいる

Adecco転職エージェント山口さんとの取材風景Adecco転職エージェント山口さんとの取材風景。楽しいお話ありがとうございました。

‐ 登録してから内定が出るまでの平均期間はどのくらいですか? ‐

ケースバイケースですが8割の方は登録してから半年で活動が終わります。離職中ですと2か月くらい、現職中ですと3か月くらいですね。

‐ 内定まで受ける企業数はだいたいどのくらいでしょうか? ‐

こちらも登録者によってバラバラではありますが、面接は3社、4社くらいで一区切りというのが多いです。

‐ 採用が決まっている年齢層はどの様な感じですか? ‐

ITの登録者の方は全体的に男性が多いです。25歳から35歳くらいまでが決まりやすい年齢層ですね。

‐ 転職を成功される方と失敗される方の傾向はありますか? ‐

ITの分野だからというわけではないかもしれませんが、もちろん市場価値があって、即戦力で、スキルが高くてという方が決まりますね。

もう一つ、転職活動がはじまって成功するまでの過程で、どこのフェーズでどれだけ悩むべきかが分かっていらっしゃる方は成功すると思います

逆に違うと、最初から悩んでいる方は難しいと思います。就職活動が進めば進むほど悩んでもらいたいですね。

最初に悩み過ぎると、途中から考えなくなってしまい、最初に出た内定の企業に熟考せずに行ってしまうケースがあります。合格する確率は書類選考が約30%、面接は約50%ぐらいです。この確率さえ知っていれば、どこで悩むべきかおのずと分かってくると思います。

面接を受けるときは、書類選考のときより気合いをいれてほしいですし、内定が出たらご家族としっかり相談して欲しいです。どれだけ心を使うか量のバランスが取れていないと転職は難しいですね。

‐ 転職市場で求められている人材像はありますか? ‐

インターネット業界では仕事以外の所で何をやっているかがキーワードになっています。最近はインターネット業界で使われている技術は、自宅で無料のソフトウエアをインストールして身につけられるものが多いです。

それなりのネット回線とパソコンさえあれば誰でもできるので、ますは『プライベートでも何かやっているか?』を伺います。昔はIT技術を勉強する方はCCNAや情報処理の資格を取得していましたが座学なので即戦力となるのかは分かりません。

実際に自宅でソフトに触っているかどうかは大事ですね。副業でiPhoneアプリを開発されている方もいて『経歴よりも、まずアプリを検索してください』というアピールの仕方がありました。

どうやって制作して、どれだけ売れているかなどの情報を伝えると喜んで会ってくれる会社もあります。ビジネス以外の所で何をやっているのかを聞くようにしています。

‐ 最後に転職活動をされる方にアドバイスをお願いします ‐

転職する際にはメリットとデメリットがありまして、シーソーに乗せてどっちに傾くか?を一つ一つを整理して分析していく必要があります。

自分の会社の常識だけではなくて社外の事も聞きながら整理していかなくてはならないので、転職エージェントがそれを一緒にできたらいいと思います

‐ お話お聞かせ頂き、ありがとうございました。 ‐

取材後のAdecco転職エージェントの面談室Adecco転職エージェントの面談ルームは個室になっていて安心出来る環境でした。窓から外が見えるのもいいですね。

Adecco転職エージェントの体験口コミ|面談してみた感想

「本音の転職理由」や「転職活動中に気を付けるポイント」についてお聞きしましたが本質をついていて、聞き入ってしまいました。

山口さん自身システム担当として勤務した経験がある方で、昔ゼネコンの管理部門時代に会計システムの導入を企業側の担当者として携わった経験が、IT業界の転職エージェント(キャリアアドバイザー)を志すきっかけとなったそうです。

Adecco転職エージェントは他社と比べて転職エージェント一人あたりの求職者担当数が比較的少なく、一人の転職エージェントが企業の担当もしています。実際に転職エージェントが企業の需要を確認しているので、求人企業の詳細な情報を知りたい方にAdecco転職エージェントはおすすめだと思います。

→ 詳細ページ・公式サイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加